ハウスヌーベル

ハウスヌーベル

ハウスヌーベル
関西を中心にデザインリフォーム・ウィンド ・トリートメントを主に手がけております。
お客様と一緒に、理想の空間づくりのお手伝いをさせて頂いております。
〒556-0014

大阪市浪速区大国3-11-14
フリーダイアル0120-711-005

インフォメーション

ヌーベル日記

ヌーベル通信

OSAKADESIGNREFOMORDERCURTAIN

ヌーベル通信

ヌーベル通信

ハウス・ヌーベルから、リフォームやウィンドウトリートメント、北欧の雑貨のことなど
住まいにまつわる、バラエティ豊かな情報をお届けします。

2010年10

〜 空間再生 「space reproduction」 ハウスヌーベル ショールーム  仕上編 〜

今回も弊社ショールーム リニューアルの様子をご覧下さい

造作工事が終わり、いよいよ仕上げ段階です。

新しい試みとして既存のビニールクロスを剥さず直接塗装や左官仕上げを施していきます。

さてどうなりますか。。。

 


リニューアル後のイメージスケッチ

流行りすたりのある設備機器などは置かず、少しレトロな雰囲気の中打合せが出来る空間。

何もかも新しい物にするのではなく、今あるものを最大限活かしながら空間を再生する。

もちろん不便さの解消もプランに反映しデザイン化していく。

こんなコンセプトでスタートしました。

 

1. 解体あとの破れたクロスなどは補修。合板部分は後に棚が付きます。

2. 下地処理。ボードーの突合せ部分をパテ処理します。

3. 下塗り。シーラーで塗装の密着性を高めます。

4. 上塗り。天井はクロス下地対応のアクリルエマルション塗装です。

5 .既存壁のエコカラットの上にAEP塗装します。INAXさんごめんなさい。

6. 既存の枠廻りは直接オイルペイントで塗装。

7. 塗装仕上げが終わって。。。
ビンテージものの建具を間仕切に使います。

8. 塗装屋さんの仕事が完了です。
白くシーラー処理で残っている部分は左官屋さんの領域です。

9. タイル屋さんが床を仕上げていきます。
(本来なら巾木貼の前にタイル仕上げが理想ですが)

10. 最後の左官仕上。
どんな柄でいくかサンプル塗りで検討。 壁は右端、天井1部は少し遊んで左端に決定。

11. 左官屋さんの出番です。

12. ささっとベース塗りしたあとランダムに柄を付けていきます。

13. 壁にコテあとを出しながら仕上げていきます。

14. 仕上げ工事ほぼ完了です。あとは、棚付けや照明、家具を置いていきます。

15. 入口側打合せスペース。
手前のパーソナルソファは以前からあったものを生地張替しました。

16. 奥の打合せスペース。
ビンテージ家具に小物を置いて。あたたかみのある空間に仕上がりました。

 

お近くにお越しの際はどうぞお立ち寄り下さい。

Page Top↑